toggle
生活を彩るタイルアートの教室です。
2019-11-28

我が家の日常ごはん

こんにちは、山岡ルイです^^

今日は我が家の日常について書いてみたいと思います。

私は料理が苦手な方で、一人暮らしの時はあまり料理をすることがなく、専業主婦になってからようやく毎日料理するようになったタイプです。

今でも苦手意識はあるし、レシピがないと上手に作れませんが、それでも毎日やることで少しずつ上達してきたかなぁという感じ。

寒くなってきたら温かいスープがありがたく感じる^^

ちゃんと料理しようと思うようになったのは、必要に迫られて、というのももちろんだけれど、子供が生まれたからというのが大きいように思います。
正直、自分の食事だけであれば、コンビニや外食などで済ませることが多くて、食に対して無頓着だったんです。

でも子供が生まれて少しずつご飯を食べるようになってくると、

・自分は平気で食べる加工品を子供には食べさせたくないな
・これを子供に食べさせるのは抵抗あるな

と思うことが増えていきました。

自分は食べるのに子供には食べさせたくない…この矛盾をもっと深掘りしていって見えた私の本音は
「子供と一緒に安心・安全・美味しいものを食べたい!」でした。

揚げ物(大人用)も自宅でするようになりました。

もちろんすぐに手作りに切り替え!とか、便利な調味料を排除!とかはできませんが、少しずつ料理の勉強をして、毎日の食卓で訓練して…とやっているうちに分かったことがあります。

それは、「手間をかけて丁寧に作業するのは、豊かな生活の基盤になる」ということ。
楽をしようと思えば、スーパーに行ってお惣菜を買ったり、レストランに行けば済む話だけれど(そういう日ももちろんある)、毎日必ずやってくる食事の時間に手間・愛情をかければ、自分の幸福度も家族の幸福度もほんのり上がっていて、その幸福感の積み重ねが、我が家を豊かにしているなぁと実感したのです。

おやつも手作りするように。

面倒臭がりな私が、スイーツまで作り始めるんだから、人は変わるもんだねって思います(笑)

料理に関しては、どこかで一度きちんと学びたいと思っているけれど、まずはできる範囲でできることからが大切かなと思っています。

まだ上手におしゃべりできない娘が、口いっぱいにご飯をほお張って「おいしーねー!」と言ってくれること。
あまり褒め言葉を言わない(^^;)夫が「コレ、美味しいじゃん」と言ってくれること。

そういう嬉しい反応をひとつずつ集めていって、今日もご飯作り頑張ろう!と思う毎日です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です